「気遣い」と「気配り」の違い、ご存知ですか?

 

<気遣い  /  気配り>
どちらも相手を想っておこなうことなので、どっちがダメ、ということはありません。
むしろ、できない人は心がけるといいですよね。しかしながら、若干違いがあります。 

● 気を遣う・・・

「自分が悪く思われたくない」「自分を良くみてもらいたい」

そのために、相手に対しての親切心のはずが、自分メインになっちゃう。

そして相手も自分も、気をつかいすぎて疲れちゃいます

 

● 気を配る・・

相手が喜んでくれることが自分のシアワセ。

だから「自分が評価されたい」「自分が良くおもわれたい」ということはさほど気にしないんです。

なので、心が疲れないし、相手も喜んでくれる

 

 

たとえば 。

暑~い夏の日、あなたのサロン・オフィス にお客さまがいらっしゃいました。
(もちろんあなたの家に、お友達が来たと想像してもOKです)

 

 

 

「ぴんぽ~ん」 とチャイムがなり、

お客さま:
(汗を拭きながら) こんにちは~。暑いですねーー。

さて、あなたは何をしますか???

あなた:
クーラーの温度、下げますねっ。なにか冷たいもの飲みますか??

お客さま:
あら、すみませんーー。では、お願いします^^

実はこれ、あなたが気を遣っていることで、

お客さまにも気を遣わせてしまいます。

自分はずっと室内にいると外の暑さを忘れてしまいがち。

 

 

気を配れる人は、

いらっしゃる前から温度を自分の体感よりも少し下げておいたり、

冷たい麦茶などを用意しておくことができます。

 

涼しいサロンにご案内して、
すぐに「どうぞ」と出してあげられるとスマートですね。

(そして、お客さまの汗がおさまってきたころ、
そっと温度を少し戻すこともお忘れなく。)

 

相手が気づかないように、配慮し、行動できるとで顧客満足度があがります。