エレベーターを降りようとしたら、目の前に人が、どーん と立っていてぶつかりそうになったり、

エレベーターの中では扉の前に立ち、
1階に着いて、扉がちょっと開いた途端に、さささーっと飛び出していく人がいたり。

少し残念ですね・・・・・

 

お仕事でもプライベートでも、
使う機会の多い エレベーターマナー についてお伝えしたいと思います♪

 

 

 

エレベーターマナー

お客様がいることを想定して書きますね^^

 

エレベーターを待っているとき
 扉の前ではなく、扉の斜め前に立ちましょう
できれば、▲▼ボタンのある側に。

エレベーターに乗るとき
(お客様が1名の場合・すでに中に人がいる場合):あなたは【後乗り】です
▲▼ボタンを押して、先にお客様に乗ってもらいましょう
あなたは、エレベーター内の階数ボタン前に立ち、行先階数を押します

(お客様が複数の場合):あなたは【先乗り】です
「お先に失礼します」と言って乗り、階数ボタン前に立って「開」ボタンを押しましょう

 

エレベーターでの立ち位置
階数ボタン前が下座、一番遠いところが上座です

エレベーターから降りるとき :あなたは【後降り】です
 お客様が1名でも複数でも、「閉」ボタンを押して、先にお客様に降りてもらいます
降りる直前に「降りたら右へどうぞ」などお伝えすると、先に降りたお客様もキョロキョロしなくて済みます

 

ティアラ2 ワンポイントアドバイス♪
・ エレベーター内には、他の人も乗っています。
私語は慎みましょうね。 (← 私も気をつけなくちゃいけないところです^^;)
特に、お仕事の話は、個人情報などある場合もありますので話さないようにしましょう。

  • 乗降のアドバイスが基本ですが、時と場合によってどうしてもできないときがあると思います。臨機応変にして大丈夫です♪
    その時には、「お先に失礼します」「恐れ入ります」「ありがとうございます」など一言添えるとスマートですね。
  •  他の方が、扉を開けてくださっていたり、階を押してくださったりしたら
    「ありがとうございます♡」のニッコリ笑顔を忘れずに^^
  •  当たり前ですが、お年寄り、お体の不自由な方、子連れ(ベビーカー)など優先です!

あなたも疲れているかもしれないけれど。
そんなときは、「たまには、階段を使ってダイエットもいいかも~!」 と気持ちを入れ替えてみてはいかがでしょうか?^^

 

めざせ!マナー美人♡