限られた時間の中でメールを受け取ったとき、

「少しでも早く、丁寧に返事をしたい」と思いますよね。

「取り急ぎ、失礼します。」

「よく使うー!」という方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

この「取り急ぎ」。 すっごく便利だし、私も使います^^

 

ただ、相手によっては、失礼に感じてしまう人がいるのも事実です。
 
 
 

●「取り急ぎ」 を使う時って?

 

・・・ やることがいっぱいあったり、どうしても丁寧に書けないけど早くお返事したいとき。

もともとは、手紙用語だったこの言葉。

現在でも、お手紙の結び表現で使われることもあるそうです。

広辞苑にも、「もろもろの儀礼・説明を省略し、要件だけを伝える意」と説明があります。

 

 

ビジネスウーマン
 
●「取り急ぎ」 表現利用のメリット

 
 

たとえば、電車内で。

あと数分で駅に到着するときに、

「〇日大丈夫ですか?」という相手からのメールが届いたら。。

取り急ぎのお返事で申し訳ありません。

〇日大丈夫です!

また改めてご連絡しますね

 

 

早く返信をすることで、相手もスケジュールが確定できるし、

他の予定を調整することができます^^

でも、すぐに返事をしたからといってすべてOK!というわけでもありません。

 
 

ワンランク上の、別の言い表し方もあります

〇日、大丈夫です!
改めてまたご連絡いたしますが、
まずは日程のお返事まで。
よろしくお願いいたします。

 

「まずは」という表現は使えます♪
 

「取り急ぎ」に比べて、急いでる雰囲気を与えないため、好印象になります^^