クライアントのアシスタントとして働く私たちパーソナルアシスタント。

だからこそ、

「あの会社、ブラック企業なんじゃない?」

そう思われないよう心掛けるのもスタッフとして大切なこと。
と考えています。

フリーランスは、遠隔で働ける環境のなので、
自分で仕事時間を選べるのも特徴の1つ。
“いつ仕事をしてもいい状態” の方も多いのではないでしょうか。

“いつ仕事をしてもいい” = “夜中に仕事をするのもOK”
ということです。
ただ、それはあくまで「こちら側の都合/事情」かな、と私は思います。

もしスタッフの人からメールが夜遅くに届いたら、
お客様は、
「スタッフの人にこんな遅くまで働かせているの?
もしや、ブラック企業なのでは?!?!」

と思ってしまう可能性もありますよね。
同時に「明日でもいいのに、夜遅くに回答いただいてしまい申し訳ない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それによって、
お客様が会社自体(=クライアント様)を見る目が変わってしまう場合もあります。

そうならないための心配りも、意識してみてはいかがでしょうか?^^

補足:
緊急時など状況によっては夜間に送る必要があることもありますよね。
その際は、「夜分のメールで失礼いたします」など、一言添えることをオススメします。

また、夜分にメールを作ったとしてもその場で送らないようにするための対策も色々とありますよ。

 

*「夜に仕事をしなければいけない」とか「夜に仕事をしなくてもいい」という話ではなく、
あくまでこれは お客様側からの見え方に対する、ホスピタリティ /心構えのお話です^^