Home Away from Home
「遠く離れていても、自宅のようにくつろげる場所」

あのアマンも掲げている流儀です。

私も普段から心がけています。
…といっても、私の場合は、仕事柄
「いつどこにいてもクライアントが普段通りに仕事ができる環境」という意味合いが強いですが^^

クライアントが講演やセミナーをする時や出張でも同じ。

「ご本人が注力すべき部分に、
いつも通り集中していただけるように」

クライアント周りの細かいことをしっかりサポート。
もちろんそれは
クライアントのお世話だけでなく、
お客様や会場スタッフの方々、各関係者への対応も丁寧に。

なので、
「小林さんが居てくれるだけでも、ありがたいです」
「後方で小林さんの顔が見えると安心して話せます」
「出張で知らない場所に来ているのに、一緒に来てくれるおかげで移動や会場のことなど考えなくて済むから、その時間も仕事に専念できるし、安心感が半端ない!」
こう言っていただけるのは、大変嬉しいことです。

実は、パーソナルアシスタント達は、
昔から副班長、副リーダー、副会長など、
トップを支える役割の経験者ばかり。

皆、口を揃えて
「このポジションが好きなんです」と言います。
(だからと言って、平社員的な感じではなく、サブのポジションというこだわりはある^^)

現場ではもちろんですが、
メール対応でも心がけているかな。

日々たくさんのプロジェクトが進行していて。
時に一緒に喜んだり、笑ったり。
時に共に涙したり。
時に深ーく考えたり。

様々な出来事が起こる中で、
“Home”のように、いつでも集中して業務に専念いただけるよう
私自身も取り組んでまいります^^